子孫はいらないよ

僕は、麻生大臣に言わせれば運のない人です。
だからと言ってネガティブでもなくポジティブでもなく現実志向のつもり。

少子化と言われる中、僕も娘のこと、娘が結婚して生まれるかもしれない孫(子孫)を考えると、娘には子供は作るなと言うでしょう。

綺麗事を言えば、「未来はきっと良くなる」。 全然思えないし、5年後も少し良くなるとは思えない。

普通に仕事すること、慎ましく生きること、人として生活する権利があってないような。現代は楽しく仕事と言うより、金融政策に乗らないと、普通の生活が出来ないのかもしれない。

今は少子化もあって、人手不足と言われているが、数十年後の子孫の時代には人口減、生産量減、仕事減、さらに生活が厳しくなる。誰だって想像がつく時代に、あえて子孫を放り出したくない。

それは、未来、未来と言って全ては今しか考えない駄目な大人の責任で、昔から、これからも繰り返し。
一般庶民は選挙しか国に意思表示ができないが、この選挙は自分たちが勧める有力者を生むことが目的であって国政を良くする目的じゃない。だから政治家に精練潔白なんて求める方が時間の無駄なのだ。

肝心な生活基盤が安定出来なければ、全てがぎすぎすして失いかねない。

夢や好きな仕事、好きな人と生活できれば良いだけなのに。